アトピー改善を諦めない!腸内や体内からアプローチ

錠剤

健康成分の影響

白いタブレット

高濃度での摂取は避けます

オルニチンは、主にしじみなどに含まれる成分です。近頃はこのオルニチンが肝機能対策に用いられることが多く、サプリメントなどが人気を得ています。この手のサプリメントを使用する際には、実の所一定の注意が必要です。オルニチンは極端に高濃度で摂取をすると、網膜に悪影響を及ぼす危険があることが話題になっています。従って、有効成分が濃縮されているサプリメントを利用する際には適量を守ることが大切です。オルニチンは量を守って服用すれば、様々な効果が期待出来る成分です。ですが、服用量を誤ると思わぬ健康被害が出ることがあります。使用上の注意を守り、過剰摂取に陥らないように気を配ることがオルニチンを使用する際の重要なポイントです。

様々な機能を高めます

現在、このオルニチンには様々な効能があることが分かってきています。しじみを主成分としたサプリメントも多く、二日酔いや慢性疲労の改善にも広く使用されているのが特徴です。オルニチンは、これまで主に肝臓に効く成分という認識がありました。昨今では、それ以外にも多様な臓器や機能に良い影響を与えることが判明しています。例えば、腎機能のサポートです。オルニチンはアンモニアの分解を促進することから、腎臓の負担を和らげることが出来ます。また、成長ホルモンの分泌を良くするのもこのオルニチンの効果の一つです。成長ホルモンは肌の状態を左右するため、この成分は美容にも効果があると考えられます。こうしたことから、オルニチンは年代を問わずメリットの大きい健康成分です。